腸内環境を良くするには(‘ω’)ノ

腸内環境を整えるのに毎朝ヨーグルトをかかさない方も多いのではないでしょうか?

CMで「生きて腸に届く乳酸菌」よく耳にしますが、生きて腸に届く乳酸菌というのは「生菌」文字通り生きている乳酸菌のことですが、体に取り入れることのできる乳酸菌にはもう一つ殺菌乳酸菌というものがありますこれを「死菌」といいますがご存じでしょうか?

生きた乳酸菌は身体に必要と思いますが、死んでいる乳酸菌を摂取するなんて意味があるの?と思う方も多いでしょう。

ずばり答えは『生菌』『死菌』どちらも我々の身体には必要なんです。

生きた乳酸菌=プロバイオティクス。これはご存知の方も多いと思います。生菌の特徴としては「生きて腸に届くことで免疫力を高める」というのが一番かと思いますが、まず生菌は腸に届くまでに強力な胃酸によってかなりの数が失われてしまいます。
胃酸によって生菌を生きた状態で大量に腸内に送り込むことは大変難しく、ヨーグルト1杯くらいの量ではとても足りません。生菌だけを少量ずつ摂っても劇的な腸内環境の改善効果を望むことは難しいそうです。

死菌(バイオジェニックス)はそもそも死菌ですから胃酸で分解されるという心配がないため、腸にしっかり届きます。死菌は腸の状態に関わらず、腸に作用し、善玉菌の良質な餌となり、常在している善玉菌を増やす事ができます。

消化酵素を無駄使いすることなく、しっかり代謝酵素は代謝にまわせる‼これが大変重要なんですね💛

生菌よりもコストがかかることはありますが、腸内環境の改善を目的とするのであれば死菌のほうが効率的かと思います。当店では腸内環境を整えるためのバイオジェニックスを多く摂取可能なドリンクやサプリもございますので、お気軽にご相談下さい。

 

関連記事

  1. バイオリズム。

  2. まんまるで『眠り』についてお話させていただきました( *´艸…